2012年08月18日

情報化されすぎた社会におけるパブリックスピーキングの重要性

構想日本のメールニュースに記事が掲載されました。その本文を紹介します。

近年取り沙汰される社会問題は、その解決策について専門家でさえ意見が分かれることが多い。そのため、一般人にはその中のどれが正しいか判断することはほとんど不可能である。結果として、最終的な判断は、どの意見や人物が「魅力的に見えるか」に委ねられてしまう傾向がある。

であるとすれば、私たちが話し手の立場にあるとき、どうすれば「理屈」と「思い」を「魅力的に」伝え、聞き手の行動を促すかを考える必要があるだろう。

私は「パブリックスピーキング」が、一つの有力な手法だと考えている。

パブリックスピーキングとは、単に人前で話す技術のことを指す言葉であるが、その歴史を紐解けば、人を動かすために洗練されてきたコミュニケーション術である。その特徴は、政治の分野で馴染み深い「雄弁術」とは違い、大仰なレトリックは用いずに、自然でありながら洗練された言葉遣いと身振りによって人前で話すことにある。昨年話題になった『ハーバード白熱教室』のマイケル・サンデル教授の話し方のイメージと言うと、わかりやすいかも知れない。

聞き手との間で感情や情報を共有するためには「話し言葉」が有効だ。パブリックスピーキングと弁論大会とでは、「話し言葉か、書き言葉か」という点が決定的に違う。私たちは一対一の会話では、相手に自分の言いたいことが伝わっているか確認しながら話しているが、書き言葉ではそれができない。そもそも書き言葉は、読み手が内容を理解できなかった場合、振り返ってもう一度読むことを前提にしているからだ。

また、パブリックスピーキングは普段の話し方のまま話すので、話し手がどんな言葉遣いで生活していて、どういう性格で、どのような個性や魅力を持っているのか、その人となりが自然に伝わる。ごまかしは利かないが、論理を説明することや思いを伝えることに加えて、人物の魅力を効果的に訴えることができる。

正しさとは無関係に物事が判断されるべきではないと思う人も多いだろう。しかし、情報化されすぎて、何が正しいかを判断することが難しい現代社会だからこそ、「正しさ」に加えて魅力勝負でも勝てるように努めるべきではないか。魅力を訴えるための技術としてのパブリックスピーキングは、今後ますます重要になって行くに違いない。
posted by Kagege at 22:37| Comment(0) | パブリックスピーキング

2011年12月05日

蔭山ゼミについて

 蔭山ゼミは、一冊の本を5時間かけて読み進め、徹底的に議論し、共に学ぶ場です。芸術、文化、政治、経済、自然科学、宗教を横断しながら、各自の経営や仕事に役立てることを目指しています。形式はテーブルを囲んでのゼミ形式で、順番に本を音読して不明箇所や関連事項について議論を深めて行きます。
 参加メンバーは、全国から経営者、コンサルタント、サラリーマンなど幅広い層が集まっています。多くても10名くらいの会です。おおよそ月一のペースで開催しています。

 これまでに取り上げた本は、次の通りです。

■第1回 (2011/2月開催) <セルフイメージ・宗教> ・日本人のための宗教原論 小室直樹
■第2回 (2011/3/6開催) <アート> ・芸術闘争論 村上隆
■第3回 (2011/4/24開催) <経営> ・マネジメント-基本と原則(エッセンシャル版) PFドラッカー
■第4回 (2011/5/22開催) <哲学> ・これから正義の話をしよう マイケル・サンデル ・サンデルの政治哲学-<正義>とは何か 小林 正弥
■第5回 (2011/6/19開催) <心理学> ・セラピー文化の社会学 ネットワークビジネス自己啓発トラウマ 小池 靖 ・新装版 洗脳体験 二澤雅喜 島田裕巳
■第6回 (2011/7/10月開催) <脳科学> ・エモーショナル・ブレイン―情動の脳科学 ジョセフ ルドゥー
■第7回 (2011/8/21開催) <思想> ・はじめての構造主義 橋爪 大三郎
■第8回 (2011/9/18開催) <生物学> ・オスとメス=性の不思議 長谷川 真理子
■第9回 (2011/10/16開催) <資本主義> ・「欲望」と資本主義-終りなき拡張の論理 佐伯 啓思
■第10回 (2011/11/20開催) <社会学> ・社会学入門―人間と社会の未来 見田 宗介
■第11回 (2011/12/18開催) パブリックスピーキング―人を動かすコミュニケーション術 蔭山 洋介

PDFはこちら 蔭山ゼミ.pdf
posted by Kagege at 18:13| Comment(0) | 告知

2011年11月08日

NHKで放送されます。

11月9日(水)の18時台のNHKニュースで、ぼくの活動が取り上げられます。よろしければご覧下さい。

※20時台とメールを流しましたが、正しくは18時台です。
posted by Kagege at 17:52| Comment(0) | 告知

2011年10月21日

出版しました「パブリックスピーキング 人を動かすコミュニケーション術」

おかげさまで、
来週10月24日にNTT出版より初の著書を全国書店にて発売します。

タイトルは
「パブリックスピーキング 人を動かすコミュニケーション術」蔭山洋介
です。

宮台真司(首都大学教授)が帯を担当していて、
全部読んで下さった宮台さんが、
「蔭山くん、これ面白いよー!初めての本ってのは信じられないくらいの完成度だね。」
と絶賛して下さいました。

ので、期待して頂いて大丈夫かと思います。
アマゾンでも購入できますので、ご検討いただけましたら幸いです。
http://amzn.to/oeE1QP

さて、出版を記念して、
東京、岡山、大阪の3カ所で5回の出版記念イベントを行います。

詳しくは、こちらをご覧下さい。
http://publicspeaking.jp/seminar/index.htm

概要は以下の通りです。

・10月22日(東京)20時〜 『劇場外における演劇の可能性』
蔭山洋介 × 岸井大輔(劇作家) @ 渋家(シブハウス)

・10月26日(東京)19時〜 『日本におけるパブリックスピーキングの現状と展望』
蔭山洋介 × 宮台真司(社会学者)

・11月11日(東京) 18時30分〜 20時『グローバル化する社会で、私たちはどう価値を訴えることができるか?』
蔭山洋介×宮台真司 × 坂之上洋子(経営戦略コンサルタント)× 磯貝靖洋(ボイスティーチャー)

    ・20時30分〜 出版記念パーティー

・11月13日(岡山)『パブリックスピーキング×コーチング×NLP最先端のコミュニケーション上達法@岡山』
蔭山洋介(パブリックスピーキング)×石井達也(コーチ)×佐々木慎太郎(NLP)14時〜15時30分

・11月16日(大阪)『パブリックスピーキング入門@大阪 ジョブズのプレゼンは何がそんなにすごかったのか?』 蔭山洋介

タイミングが合いましたら、ぜひ遊びにいらして下さい。
posted by Kagege at 21:28| Comment(0) | 告知

2011年02月24日

めざましテレビどうようびに出演します

フジテレビ、めざましテレビに出演します。土曜の6時半頃を予定しています。

サキユキエンタランキングのコーナーで、映画「英国王のスピーチ」についてのコメントと、「スピーチの上達法」について話しています。新人アナの山崎夕貴さんをいじって、スピーチを完成させるまでを撮影しました。

ぜひご覧下さい。

※ニュージーランド地震の影響で、コーナー自体がなくなってしまいました。ご理解のほどお願いします。
posted by Kagege at 17:44| Comment(0) | 告知