2014年07月12日

ベネッセの謝罪会見の衣装について

benesse.jpg謝罪会見の際、いつも気になるのが衣装だ。

衣装は、その人の精神状態を表しているように見えるし、マスメディアに写真や映像で写ると、何を言っているか以上に、さまざまなことを教えてくれる。

今回のベネッセの場合、ダークスーツに青のレジメンタルストライプのネクタイ。

ダークスーツは、素晴らしい選択だ。しっかりとしたリーダーの印象を与える。しかも、仕立ても抜群に良い。

次に、青のレジメンタルストライプのネクタイ。

青という色は、冷静さを表現するのにピッタリなので、当人が冷静に事態に当たっていることを表現出来ている。この選択は素晴らしい。しかし、問題はレジメンタルストライプ。

レジメンタルストライプは、非常に強い印象を与える攻めの柄だ。しかも、ややカジュアルな印象を与える。

こうなると、冷静沈着で当事者意識を持って顧客に謝罪するというイメージではなく、冷静に犯人を追い詰めるのだという攻めの意思が伝わってきてしまう。そして、その攻めの姿勢は、そのまま顧客に対しても同様の印象を与えてしまう。

本当にそう思っているのかもしれないし、そう思っていないのかもしれないけれど、謝罪会見でこれだけ気合いをにじませているように見える衣装の社長というのは珍しいなあと思う。
posted by Kagege at 23:42| Comment(0) | パブリックスピーキング

2012年08月18日

情報化されすぎた社会におけるパブリックスピーキングの重要性

構想日本のメールニュースに記事が掲載されました。その本文を紹介します。

近年取り沙汰される社会問題は、その解決策について専門家でさえ意見が分かれることが多い。そのため、一般人にはその中のどれが正しいか判断することはほとんど不可能である。結果として、最終的な判断は、どの意見や人物が「魅力的に見えるか」に委ねられてしまう傾向がある。

であるとすれば、私たちが話し手の立場にあるとき、どうすれば「理屈」と「思い」を「魅力的に」伝え、聞き手の行動を促すかを考える必要があるだろう。

私は「パブリックスピーキング」が、一つの有力な手法だと考えている。

パブリックスピーキングとは、単に人前で話す技術のことを指す言葉であるが、その歴史を紐解けば、人を動かすために洗練されてきたコミュニケーション術である。その特徴は、政治の分野で馴染み深い「雄弁術」とは違い、大仰なレトリックは用いずに、自然でありながら洗練された言葉遣いと身振りによって人前で話すことにある。昨年話題になった『ハーバード白熱教室』のマイケル・サンデル教授の話し方のイメージと言うと、わかりやすいかも知れない。

聞き手との間で感情や情報を共有するためには「話し言葉」が有効だ。パブリックスピーキングと弁論大会とでは、「話し言葉か、書き言葉か」という点が決定的に違う。私たちは一対一の会話では、相手に自分の言いたいことが伝わっているか確認しながら話しているが、書き言葉ではそれができない。そもそも書き言葉は、読み手が内容を理解できなかった場合、振り返ってもう一度読むことを前提にしているからだ。

また、パブリックスピーキングは普段の話し方のまま話すので、話し手がどんな言葉遣いで生活していて、どういう性格で、どのような個性や魅力を持っているのか、その人となりが自然に伝わる。ごまかしは利かないが、論理を説明することや思いを伝えることに加えて、人物の魅力を効果的に訴えることができる。

正しさとは無関係に物事が判断されるべきではないと思う人も多いだろう。しかし、情報化されすぎて、何が正しいかを判断することが難しい現代社会だからこそ、「正しさ」に加えて魅力勝負でも勝てるように努めるべきではないか。魅力を訴えるための技術としてのパブリックスピーキングは、今後ますます重要になって行くに違いない。
posted by Kagege at 22:37| Comment(0) | パブリックスピーキング

2010年07月12日

今夜12日21時、就活生必見!

就活生を応援しているボランティアサイト岡崎塾にて、就活という社会のウソについてインタビューに答えました。

それで、好評につき今夜はUST生ライブです。
放送内容は

「就活という社会のウソ」
「恋愛と就活」
「面接官を落とす話し方」

などを予定です。

基本は就活生向けに話しますが、
採用担当者の方にも良いと思いますし、
なぜ社会がこんなに生きにくいのか、
疑問に感じている社会人の方にもおすすめします。

出演は
現役女子大生で肉食女子
草食系高学歴男子
就活生を応援する岡崎塾塾長、岡崎充
ゲスト、蔭山洋介

です。

お時間空いていればぜひご覧ください。

放送予定URL
http://bit.ly/94IYgU
posted by Kagege at 14:11| Comment(0) | パブリックスピーキング

2010年06月25日

現代活動家入門

三文会で「現代活動家入門」というタイトルで話してきました。現代釣り師入門とかの方が良かったかもとちょっとだけ後悔しました(笑)

会場は30名ほどで、予約が一晩で締め切られてしまったので、当日来られなかった皆さんすみませんでした。ただ、Ustreamでライブをしていて、その映像があります。映像で見ても割におもしろかったので、時間がありましたらどうぞ。

http://www.ustream.tv/recorded/7832738
posted by Kagege at 18:37| Comment(0) | パブリックスピーキング

2010年06月02日

スーパーモーニングでコメント、鳩山辞任会見

テレビ朝日のスーパーモーニングで、鳩山首相辞任会見についてコメントを出しました。たぶん、写真付きでちょこっと映ると思うんで、よければ見てみてください。

今回の会見のポイントは、まったく国民を意識していない辞任会見だということ。普通は、カメラの前でしゃべるときは、国民に何かを訴えたり働きかけたりするモノだけど、今回は両院議委員総会での会見で、同じ民主党議員に向けた話した内容になっている。普通は、国民に向けて首相官邸で話すのだけど、このスタイルはかなり異例だと思う。

「国民が聞く耳を持たなくなった」
たぶん、これが今回の迷言?
posted by Kagege at 20:23| Comment(0) | パブリックスピーキング

2010年03月08日

セミナー講師グランプリの審査をしてきた。

昨年も参加した横浜ベンチャーポート主催のセミナー講師グランプリの最終審査の審査員をしてきました。すごい盛り上がりで、100人くらいお客さんがいたのかな?熱気むんむんでした。

しかし、まだまだ小粒の講師たちで、これからでしょうね。審査員も一律に非常に厳しいコメントばかりで、予選を勝ち抜いて来た講演に自信のある皆さんにってはつらい時間だったかもしません。

ますます努力してよい講師になってもらえればと思いました。
posted by Kagege at 16:58| Comment(0) | パブリックスピーキング

2010年02月26日

CNNとマーケットは豊田社長の会見を評価

Analysis: How did Toyoda do?

"At the hearing, I was not alone -- you and your colleagues, around America, across the world, were there with me,"
「公聴会のとき、私は一人ではなかった。あなたやあなたの同僚、アメリカのみんな、世界中の人々、彼らが私を支えてくれた。」

このコメントを述べながら、涙で言葉を詰まらせ、驚くほど誠実な態度で会見を続ける豊田社長を評価しているようだ。

公聴会の後、マーケットでも4%を高騰したと伝えれている。

確かに、CNNの映像は心に響くものがある。

詳しくはコラムにまとめよう。
posted by Kagege at 23:42| Comment(0) | パブリックスピーキング

トヨタ公聴会(日本語)

トヨタ公聴会(日本語)はここです。

さて、あのスピーチをどう評価したものか。
posted by Kagege at 19:13| Comment(0) | パブリックスピーキング

トヨタ公聴会全文メモ

FEBRUARY 24, 2010
Thank you Chairman Towns.
I am Akio Toyoda of Toyota Motor Corporation. I would first like to state that I love cars as much as anyone, and I love Toyota as much as anyone. I take the utmost pleasure in offering vehicles that our customers love, and I know that Toyota’s 200,000 team members, dealers, and suppliers across America feel the same way. However, in the past few months, our customers have started to feel uncertain about the safety of Toyota’s vehicles, and I take full responsibility for that. Today, I would like to explain to the American people, as well as our customers in the U.S. and around the world, how seriously Toyota takes the quality and safety of its vehicles. I would like to express my appreciation to Chairman Towns and Ranking Member Issa, as well as the members of the House Oversight and Government Reform Committee, for giving me this opportunity to express my thoughts today.
I would like to focus my comments on three topics – Toyota’s basic philosophy regarding quality control, the cause of the recalls, and how we will manage quality control going forward.
First, I want to discuss the philosophy of Toyota’s quality control. I myself, as well as Toyota, am not perfect. At times, we do find defects. But in such situations, we always stop, strive to understand the problem, and make changes to improve further. In the name of the company, its long-standing tradition and pride, we never run away from our problems or pretend we don’t notice them. By making continuous improvements, we aim to continue offering even better products for society. That is the core value we have kept closest to our hearts since the founding days of the company.
At Toyota, we believe the key to making quality products is to develop quality people. Each employee thinks about what he or she should do, continuously making improvements, and by doing so, makes even better cars. We have been actively engaged in developing people who share and can execute on this core value. It has been over 50 years since we began selling in this great country, and over 25 years since we started production here. And in the process, we have been able to share this core value with the 200,000 people at Toyota operations, dealers, and suppliers in this country. That is what I am most proud of.
Second, I would like to discuss what caused the recall issues we are facing now. Toyota has, for the past few years, been expanding its business rapidly. Quite frankly, I fear the pace at which we have grown may have been too quick. I would like to point out here that Toyota’s priority has traditionally been the following: First; Safety, Second; Quality, and Third; Volume. These
priorities became confused, and we were not able to stop, think, and make improvements as much as we were able to before, and our basic stance to listen to customers’ voices to make better products has weakened somewhat. We pursued growth over the speed at which we were able to develop our people and our organization, and we should sincerely be mindful of that. I regret that this has resulted in the safety issues described in the recalls we face today, and I am deeply sorry for any accidents that Toyota drivers have experienced.
Especially, I would like to extend my condolences to the members of the Saylor family, for the accident in San Diego. I would like to send my prayers again, and I will do everything in my power to ensure that such a tragedy never happens again.
Since last June, when I first took office, I have personally placed the highest priority on improving quality over quantity, and I have shared that direction with our stakeholders. As you well know, I am the grandson of the founder, and all the Toyota vehicles bear my name. For me, when the cars are damaged, it is as though I am as well. I, more than anyone, wish for Toyota’s cars to be safe, and for our customers to feel safe when they use our vehicles. Under my leadership, I would like to reaffirm our values of placing safety and quality the highest on our list of priorities, which we have held to firmly from the time we were founded. I will also strive to devise a system in which we can surely execute what we value.
Third, I would like to discuss how we plan to manage quality control as we go forward. Up to now, any decisions on conducting recalls have been made by the Customer Quality Engineering Division at Toyota Motor Corporation in Japan. This division confirms whether there are technical problems and makes a decision on the necessity of a recall. However, reflecting on the issues today, what we lacked was the customers’ perspective.
To make improvements on this, we will make the following changes to the recall decision- making process. When recall decisions are made, a step will be added in the process to ensure that management will make a responsible decision from the perspective of “customer safety first.” To do that, we will devise a system in which customers’ voices around the world will reach our management in a timely manner, and also a system in which each region will be able to make decisions as necessary. Further, we will form a quality advisory group composed of respected outside experts from North America and around the world to ensure that we do not make a misguided decision. Finally, we will invest heavily in quality in the U.S., through the establishment of an Automotive Center of Quality Excellence, the introduction of a new position – Product Safety Executive, and the sharing of more information and responsibility within the company for product quality decisions, including defects and recalls.
Even more importantly, I will ensure that members of the management team actually drive the cars, and that they check for themselves where the problem lies as well as its severity. I myself am a trained test driver. As a professional, I am able to check on problems in a car, and can understand how severe the safety concern is in a car. I drove the vehicles in the accelerator pedal recall as well as the Prius, comparing the vehicles before and after the remedy in various environmental settings. I believe that only by examining the problems on-site, can one make decisions from the customer perspective. One cannot rely on reports or data in a meeting room.
2
Through the measures I have just discussed, and with whatever results we obtain from the investigations we are conducting in cooperation with NHTSA, I intend to further improve on the quality of Toyota vehicles and fulfill our principle of putting the customer first.
My name is on every car. You have my personal commitment that Toyota will work vigorously and unceasingly to restore the trust of our customers.
Thank you.
posted by Kagege at 19:10| Comment(2) | パブリックスピーキング

2010年01月30日

「命を守りたい」が空しかった鳩山所信演説

第174回国会における鳩山内閣総理大臣施政方針演説(平成22年1月29日)が行われた。

期待していたわけではないのだけど、やっぱりひどい。

まず、脚本がひどい。上記リンクから飛んでいくことができるので読んでいただきたい。脚本家は参院議員の松井孝治官房副長官だったらしいが、おそらくスピーチの勉強をしたことがないのだろう。情報量が多すぎて、全然感情を揺さぶらない。

「命を守りたい」と言うのであれば、その言葉がどうすれば響くかを綿密に考える必要があるが、この原稿ではただ連発しただけになってしまった。受講生には理解してもらえると思うのだが、この原稿はドラマ不在のリポートトークでしかない。

演出家は平田オリザさんで、控え室で練習につきあったそうだが、たぶん演出以前の問題だっただろう。彼の陰は演説から全く感じなかった。

「命を守る」ことはとても大切なことで、金銭的な理由から多くの若者は子供を産むことを躊躇していることも事実だ。だからこそ、うまく伝えてほしかったと思う。残念だ。
posted by Kagege at 02:04| Comment(0) | パブリックスピーキング

2010年01月28日

Apple噂のiPadを発表 さりげない演出がグッド

待ちに待ったiPadの発表です。



演出は、ソファーとテーブルを用意して、家庭でリラックスしながら使う様を表現しています。照明も地明かりの青がとてもキレイです。いつも思うんですが、ジョブズの演出は完璧です。

値段は499ドルからだそうで手頃ですが、日本語書籍が対応しないだろうからまだ買えないなぁ。ソフトがんばれ!

最近のデジタルガジェットの動きは、なんとなくMSのWindowsの牙城を突き崩すところに向かっている気がする。突き崩すというか、PCそのものが不要になりつつあるというか。

MSはPCでOSを独占したけど、実はその他の端末ではWindowsは全然なんだよね。携帯もタブレットもこのままだとWindowsはこない。

近い将来、携帯とタブレットでなんでもできる時代が来るから、ますますPCは不要になる。Googleのクラウドサービスもどんどんリッチになる。そうなると、Windowsって必要か?って話になるかもしれないなあと。

ここ3年でMSが存在感を示せるかどうかで決まるかな?ソニーがんばらないかなぁ…。
posted by Kagege at 10:54| Comment(0) | パブリックスピーキング

2009年11月12日

事業仕分けのプレゼンテーション

事業仕分けの様子は、毎日ネットでライブ配信されている。

事業仕分けライブ

プレゼンテーションのプロとして、常にこういうのはチェックしている。

2時間くらい、蓮舫議員の農林水産の天下り団体の事業仕分けを見たのだけど、あまりのひどさに笑ってしまった。まったく何を言っているのかわからない。これでいままでよく予算がおりていたものだとびっくりした。

事業が本当に必要か不要かは、資料を読んでいないので僕には判断できないが、まったく情報を伝える気のない説明をしているようでは、どんな事業も継続は難しいだろう。

公益性の高い事業でも、説明することが求められるのは当たり前だ。NPOが寄付を説明せずに集められるなんてことはありえない。同じことだ。

これからは公益法人の職員や官僚にもパブリックスピーキングの技術が求められる時代が来る。
posted by Kagege at 19:15| Comment(0) | パブリックスピーキング

2009年10月29日

鳩山首相所信表面演説について

うーん、演説原稿も微妙だけど、ノンバーバルも微妙。

演説原稿については、オバマ演説を意識しすぎて外してしまった。
おばあさんの話は謎。

ノンバーバルについては、声と目力がよい。でも、原稿棒読みで、まったくなっていない。オバマ大統領は原稿を当然全部覚える。アメリカの大統領は日本の首相よりも暇だから覚えられるのだろうか?

せめて、平成維新の下りだけでも原稿を覚えればよかったのに。どんなに忙しくても3行くらいは覚えられると思うのだが。

国民に対して、政治参加を強く呼びかけなければいけない民主党政治の理念は、あの所信表明では伝わらなかった。

所信表明演説でだいたい政権の中身がばれる。この政権も、案外中途で改革が頓挫するかもしれないと感じた。

まあ、首相としては65点くらいの演説だっただろうか。

posted by Kagege at 18:32| Comment(2) | パブリックスピーキング

2009年09月05日

マインドコントロール的なセミナー

私は「説得」を仕事にしているのだけど、強く戒めていることがあって、それが実は「コントロール」をしないということだったりする。

「マインドコントロール」という言葉を聞いたことがあるだろうか?これは人を心理学的な手法で操ろうとする行為で、前回紹介したNLPやTransactional Analysisのゲーム、説得の心理学などの方法を指す。真面目に勉強して、その気になれば強力な武器になる。

私は専門家なので、もちろんその方法は熟知しているが、そういう手段は絶対に使わない。

なぜかというと、もし仮に一時その方法でうまく行ったとしても、中長期で見たときに仕掛けている側の一貫性が担保できずに必ず崩壊するからだ。その時のダメージはおそらく深刻で、再起を図ることがほぼ絶望的になる。

前回「美と自己承認」のコラムで解説したが、現代社会を生きるためには、美に竿刺しながら、経済など社会のフィードバックを回して生きるしかないわけで、「マインドコントロール」という手法は、その社会のフィードバックを自らの手で止めてしまう作業だったりする。だから、中長期ではうまくいかない。

倫理の問題でもあるのだが、そういうリスク管理の問題としてもやはりやらない方が良いのだ。

実は最近、その手のセミナーが何度かテレビで取り上げられていた。メディアはそのことに気がついていないのだが、あれは危険だ。セミナーを受講する際は気をつけてもらいたい。

特に「自尊心」を攻撃されていると感じたら、有無を言わずに席を立った方が良い。

と、書いても、受講生には参考にはならないだろうな・・・。

自分用の備忘録として。

2009年07月24日

事務次官とシンクタンクのトップ

先日、あるシンポジウムで元経産省事務次官と大手シンクタンクのトップ、さらには大手家電メーカーの元社長のお話を伺うことができた。

パブリックスピーキングの視点で斬ると、その大手家電メーカーは20年以内につぶれるか、合併する。理由は書かないが・・・。

事務次官の話しは、論理的で明確なんだが夢がない。できることしか考えないからだろう。どうしようもないことはだめだけど、やはりできないことに向かっていく姿勢は捨ててほしくないものだ。

シンクタンクのトップは、心から素晴らしいと思った。事務次官の話しに真っ向から対立していて、事務次官にできないといわれたことを、ああすればできる、こうすればできると、次々に提案していた。本当にできるかどうかは別にして、こういう人の下で働ける社員は幸せだろうと思った。

パブリックスピーキングはその人の全人格がばれる。だから、卑屈な人は卑屈な、楽天的な人は楽天的な話し方になる。人間的に魅力ある人が魅力ある話し方になるのだから、自分の魅力をよく理解することが実はパブリックスピーキングで大切なのだ。

2009年04月02日

スタニスラフスキーとパブリックスピーキング

スタニスラフスキーシステムという、演劇をやっている人間にとってはおなじみの訓練法があります。スタニスラフスキーというのは、ロシアの演出家で、チェーホフの舞台を大成功させたことで有名です。そのスタニスラフスキーの考えた俳優の訓練方法や考え方を、スタニスラフスキーシステムといいます。

その後、スタニスラフスキーシステムは、アメリカの、アクターズスタジオ、リー・ストラスバーグによって、メソードとしてまとめられ、世界中に広まることになります。

しかし日本では、スタニスラフスキーシステムの俳優はなんだかナルシスティックで気持ち悪いということで、すっかり廃れてしまいました。一方、アメリカでは、アクターズスタジオで受け継がれていることはもちろん、演劇の教科書に噛み砕いて説明されるくらいポピュラーになりました。

一体、どうしてこんなに違う結果になったのか。あくまで、私の所感ですが、日本人はExpression が弱かったからではないかと思っています。メソードの真髄の「五感の記憶」は、普段感じることのできないさまざまな感覚情報を自己暗示によって入力する技術です。つまりImpressionの技術です。もちろんExpressionもやるのですが、どうしてもImpressionに偏ってしまいます。その結果、なんだかナルシスティックで気持ち悪い・・・、となるのではないかと。日本人用には、もう少しExpression中心のトレーニングにアレンジすることで、より効果的なメソードが導入できたかもしれません。

パブリックスピーキングのテクニックがある程度上達した方には、このメソードを一部ご紹介しています。実は、パブリックスピーキングでは、かなり効果的なマル秘テクニックです。扱いを間違うと、ナルシスティックで気持ち悪いということになりかねないので、慎重に扱わないといけないのですが、正しく扱えばやはり有効です。

おそらく、来月か再来月あたり、このメソードを使いこなすセミナーをやろうと思っています。今から準備が大変です。

2009年03月25日

オバマ大統領の勝利演説 蔭山洋介 訳

いまさらだけど、オバマ演説の翻訳を公開したい。実は、ずいぶん前に出来上がっていたのだけど、出版社から止められていたのでこっそり持っていました。だけど、結局使わない気がするので、このブログで公開します。

この翻訳は、各新聞社や出版社の翻訳を読んで、なんだか演説をわかってないなぁ、直訳してもいいけど、演説のニュアンスをもっと伝えてほしいよなあ、と、とても不満があって、だったら自分でそういう訳をしようということで、翻訳したものです。

英語が苦手なんで、おかしなところもあるかもしれませんが、各新聞社の訳よりは、オバマ演説の印象を表現できたと、勝手に思っております。お時間のある方は読んでみてください。

2008年11月5日のオバマ大統領の勝利演説 蔭山洋介 訳

Hello, Chicago!
シカゴのみなさん!

If there is anyone out there who still doubts that America is a place where all things are possible, who still wonders if the dream of our Founders is alive in our time, who still questions the power of our democracy, tonight is your answer.
まだここにいるでしょうか?アメリカという場所であらゆることが可能なことを嘘だという人が、建国の夢が今日も生きていることを疑う人が、私たちの民主主義の力に疑いを持っている人が、その人たちへ、今夜がその答えです!

It's the answer told by lines that stretched around schools and churches, in numbers this nation has never seen. By people who waited three hours and four hours, many for the first time in their lives, because they believed that this time must be different, that their voices could be that difference.
その答えは教えてくれました。学校や教会の周りに、この国でかつて見たことのないほど行列が伸びることで。3時間も4時間も待って、ほとんどの人はそんなこと生まれて初めてだったでしょう、みなさんが今度こそ違わねばならないと信じたから、自分の声が違いを生み出すと信じたから並んでくれたんです。

It's the answer spoken by young and old, rich and poor, Democrat and Republican, black, white, Hispanic, Asian, Native American, gay, straight, disabled and not disabled. Americans who sent a message to the world that we have never been just a collection of individuals or a collection of red states and blue states. We are, and always will be, the United States of America.
その答えは語られました。若者も老人も、金持ちも貧乏人も、民主党員も共和党員も、黒人も白人も、ヒスパニックもアジア人もアメリカ先住民も、ゲイもストレートも、障害者も障害のない人たち、すべての人たちによって、です。アメリカ人は、世界中にメッセージを送りました。私たちはただ単に個人の寄せ集めではないし、単なる赤い州と青い州の寄せ集めだったこともない。私たちは今も、そしてこれからも、アメリカ合衆国なのだと。

It's the answer that led those who've been told for so long, by so many, to be cynical and fearful and doubtful about what we can achieve, to put their hands on the arc of history and bend it once more toward the hope of a better day.
その答えは私たちを導いてくれました。私たちはやり遂げようとすることに対して、あまりに長く、あまりにたくさん、空しく、恐れ、疑うようにと教え込まれてきたけれど、歴史の大河に手を伸ばし、もう一度より良い日を希求しようと。

It's been a long time coming; but tonight, because of what we did on this day, in this election, at this defining moment, change has come to America.
とても長い時間がかかりました。しかし今夜、私たちがやり遂げたこの日、この選挙で、この決定的瞬間に、アメリカが変わったんです。

A little bit earlier this evening, I received an extraordinarily gracious call from Senator McCain. Senator McCain fought long and hard in this campaign. And he's fought even longer and harder for the country that he loves. He has endured sacrifices for America that most of us cannot begin to imagine. We are better off for the service rendered by this brave and selfless leader.
少し前の夕方、私はとても丁重な電話をマケイン上院議員から頂きました。マケイン議員は長く激しい選挙戦を戦いました。また、彼は愛するこの国のために、より長くより激しく戦ってきました。彼は誰も想像することができないほどの犠牲を、アメリカのために払ってきた人です。この勇敢で無私のリーダーによって、私たちはよりよい生活を手に入れました。

I congratulate him, I congratulate Governor Palin for all that they've achieved. And I look forward to working with them to renew this nation's promise in the months ahead.
私はマケイン議員を称えます。ペイリン知事を称えます。彼らが成し遂げたことすべてに対して、です。そしてこれから、この国の約束を再生させるために、彼らと共に働くことを楽しみにしています。

I want to thank my partner in this journey, a man who campaigned from his heart, and spoke for the men and women he grew up with on the streets of Scranton, and rode with on the train home to Delaware, the vice president-elect of the United States, Joe Biden.
これまでの旅のパートナーに感謝したいと思います。その男は、心から尽くしてくれました。彼の育ったスクラントンの通りで、彼と共に育った人たちのために、デラウェア行きの電車に共に乗り合わせた人たちのために、語ってきました。次期アメリカ合衆国副大統領、ジョン・バイデン、ありがとう。

And I would not be standing here tonight without the unyielding support of my best friend for the last 16 years, the rock of our family, the love of my life, the nation's next First Lady, Michelle Obama.
そして、彼女の絶え間ない支えがなければ、私は今夜ここにいなかったでしょう。16年間の最も大切な親友で、家族の礎で、私の恋人です。次のファーストレディ、ミシェル・オバマ。

Sasha and Malia! I love you both more than you can imagine. And you have earned the new puppy that's coming with us to the White House.
サーシャとマリア!愛してるよ。君たちが想像もつかないほどにね。二人ともがんばったから、新しい子犬と一緒にホワイトハウスに行こうね。

And while she's no longer with us, I know my grandmother's watching, along with the family that made me who I am. I miss them tonight. I know that my debt to them is beyond measure. To my sister Maya, my sister Alma, all my other brothers and sisters, thank you so much for all the support that you've given me. I'm grateful to them.
もう彼女は私たちと共にはいません。私という人間を、家族と一緒に育ててくれた祖母は、今も見守ってくれていると思います。今夜はみんなに会えないね。私の気持ちは言い表せないよ。妹のマヤ、姉のアルマ、そして他の兄弟姉妹全員へ、これまで私を支えてくれて本当にありがとう。感謝するよ。

To my campaign manager, David Plouffe! The unsung hero of this campaign, who built the best, the best political campaign, I think, in the history of the United States of America.
選挙マネージャーのデビッド・プラフ!この選挙戦の知られざるヒーローです。私が思うには、アメリカ史上、彼は最高の戦略と、最高の政治宣伝を組み立ててくれました。

To my chief strategist, David Axelrod, who's been a partner with me every step of the way.
戦略責任者のデビッド・アクセルロッド。ずっと一緒にパートナーとして歩いてくれました。

To the best campaign team ever assembled in the history of politics! You made this happen, and I am forever grateful for what you've sacrificed to get it done.
このために集められた政治史上最高のチーム。君たちがこの事件を起こしたんだ。君たちがやり遂げるために払った犠牲に、ぼくは永遠に感謝するよ。

But above all, I will never forget who this victory truly belongs to. It belongs to you. It belongs to you.
だけどその中でも、私は忘れたことがありません、この勝利が真に誰のものなのか。この勝利はみなさんのものです。みなさんのものなんです。

I was never the likeliest candidate for this office. We didn't start with much money or many endorsements. Our campaign was not hatched in the halls of Washington. It began in the backyards of Des Moines, and the living rooms of Concord, and the front porches of Charleston. It was built by working men and women who dug into what little savings they had to give $5 and $10 and $20 to the cause.
私はたったの一度もこの地位への有力な候補ではありませんでした。私たちは潤沢な資金もなければ、大勢の後援会の支援を受けたわけでもありません。私たちの選挙戦はワシントンのホールで始まったわけでもありません。デモインの裏庭で、コーンコードの居間で、チャールストンの玄関で始まったのです。真面目に働いている男女が、ほんの少ししかない貯金の中から5ドル、10ドル、20ドルを与えてくれました。この勝利はそうして築かれました。

It drew strength from the young people who rejected the myth of their generation's apathy, who left their homes and their families for jobs that offered little pay and less sleep.
若い人たちがこの選挙を力強く後押ししてくれました。君たちの世代が無気力だという神話を拒絶した若者たち、わずかな給料と、少しの睡眠時間しか与えられない仕事のために家と家族から引き離された人たちが、です。

It drew strength from the not-so-young people who braved the bitter cold and scorching heat to knock on doors of perfect strangers, and from the millions of Americans who volunteered and organized and proved that more than two centuries later, a government of the people, by the people, and for the people has not perished from this Earth.
それほど若くはない人たちも力強く後押ししてくれました。凍つく寒さと焼けつく暑さにも負けずに、赤の他人のドアをノックし、何百万人の人たちがボランティアに参加し、組織を作って、そして証明してくれました。人民の人民による人民のための政治が、この地上から滅びていないことを!

This is your victory.
これはみなさんの勝利です。

And I know you didn't do this just to win an election. And I know you didn't do it for me. You did it because you understand the enormity of the task that lies ahead. For even as we celebrate tonight, we know the challenges that tomorrow will bring are the greatest of our lifetime: two wars, a planet in peril, the worst financial crisis in a century.
そして、私は理解しています。みなさんがただ選挙に勝つためにがんばってくれたのではないことを。そして、わかっています。みなさんが私のためにそうしたのでもないことを。みなさんががんばってくれたのは、大罪の仕事が目の前に横たわっているからです。こうして今夜祝いながらも、明日から人生でもっとも困難な仕事がやってきます。二つの戦争です。一つは、惑星の危機、もう一つが100年に一度の経済危機です。

Even as we stand here tonight, we know there are brave Americans waking up in the deserts of Iraq and the mountains of Afghanistan, to risk their lives for us.
こうして今夜ここに私たちが立っている間も、勇敢なアメリカの兵士がイラクの砂漠とアフガニスタンの山中で目覚めようとしていること、命の危険を私たちの生活のために捧げていることを、私たちは知っています。

There are mothers and fathers who will lie awake after the children fall asleep and wonder how they'll make the mortgage, or pay their doctor's bills, or save enough for their child's college education.
子供たちが寝静まった後、どうやって住宅ローンを組もうか、医者からの請求書を払おうか、十分な子供の大学教育の費用を貯めようかと、横になっては起き上がり途方に暮れているお母さん、お父さんがいます。

There's new energy to harness, new jobs to be created, new schools to build, and threats to meet, alliances to repair.
新しいエネルギーを活用すること、新しい仕事を創造すること、新しい学校を建設すること、そして脅威に立ち向かい、同盟関係を修復すること。

The road ahead will be long. Our climb will be steep. We may not get there in one year or even in one term. But, America, I have never been more hopeful than I am tonight that we WILL get there.
その道程は長くなるでしょう。そこにある上り坂は険しいものです。一年ではたどり着けないかもしれないし、一期でも難しいかもしれません。しかし、アメリカよ、私はかつて今夜ほど強く希望を抱いたことはありません。私たちはそこにたどり着くと!

I promise you, we as a people will get there.
みなさんと約束します。私たちは、一つの国民としてそこにたどり着くと。

There will be setbacks and false starts. There are many who won't agree with every decision or policy I make as president. And we know the government can't solve every problem.
この道程では、後退することもフライングすることもあるでしょう。私が大統領として下すすべての政策や決定に賛成しない人もいるでしょう。また、みなさんはすべての問題を政府が解決できないこともわかっています。

But I will always be honest with you about the challenges we face. I will listen to you, especially when we disagree. And above all, I will ask you to join in the work of remaking this nation, the only way it's been done in America for 221 years; block by block, brick by brick, calloused hand by calloused hand.
だけどせめて、私は、直面している問題についていつも正直でいます。私は、みなさんの言葉に耳を傾けます。特に、私に反対のときにはそうします。そしてなにより、私は、みなさんにこの国の再建に加わってくれることようお願いします。それは唯一の方法で、アメリカが221年の間やってきたことです。ブロックからブロック、レンガからレンガ、硬くなったタコだらけの手からタコだらけの手です。

What began 21 months ago in the depths of winter cannot end on this autumn night. This victory alone is not the change we seek. It is only the chance for us to make that change. And that cannot happen if we go back to the way things were. It can't happen without you, without a new spirit of service, a new spirit of sacrifice. So let us summon a new spirit of patriotism, of responsibility, where each of us resolves to pitch in and work harder and look after not only ourselves but each other.
21か月前の深い冬に始まったことが、この秋の夜に終わるわけではありません。この勝利は、私たちの求めていた変化ではありません。ただ変化を作るきっかけを得ただけです。もし昔のやり方に逆戻りしてしまったら、変化なんか起こり得ません。みなさんなしでは、新しい奉仕の精神なしでは、新しい犠牲の精神なしでは、起こり得えません。だからこそ新しい祖国愛の、責任の精神を呼びまし、各自が一所懸命に働き、自分だけを省みず、お互いのために、解決に当たるんです。

Let us remember that if this financial crisis taught us anything, it's that we cannot have a thriving Wall Street while Main Street suffers.
忘れないでください、この金融危機が私たちに教えたことは、メインストリートが苦しんでいるのに、ウォールストリートだけが繁栄することなんてできないということです。

In this country, we rise or fall as one nation, as one people. Let's resist the temptation to fall back on the same partisanship and pettiness and immaturity that has poisoned our politics for so long.
この国では、一つの国家、一つの国民として栄枯盛衰があります。だから共に戦いましょう、これまでと同じ党派対立、くだらなさ、未熟さ、そういった長い間私たちが毒されてきた政治に再び陥ろうとする誘惑と。

Let's remember that it was a man from this state who first carried the banner of the Republican Party to the White House, a party founded on the values of self-reliance and individual liberty and national unity. Those are values that we all share. And while the Democratic Party has won a great victory tonight, we do so with a measure of humility and determination to heal the divides that have held back our progress.
思い出してください。ホワイトハウスへ共和党の旗を初めて持ち込んだのはこの州の男でした。共和党は、「自立」と「個人の自由」と「国家の統一」という精神に基づいて結党しました。それら精神は、私たちみんなが共有しています。そして今夜、民主党は偉大な勝利を手にしました。私たちは謙虚さと決意と共に、この進歩を押さえつけていた分断工作を修復します。

As Lincoln said to a nation far more divided than ours, we are not enemies but friends. Though passion may have strained, it must not break our bonds of affection.
リンカーンは、私たちよりもはるかに分断されていた国民にこう言いました。「私たちは敵ではなく友である。感情はもつれたかも知れないが、情愛の絆を断ち切ってはならない。」

And to those Americans whose support I have yet to earn, I may not have won your vote tonight, but I hear your voices. I need your help. And I will be your president, too.
そして、まだ私を支持していないみなさん、私は今夜あなたの票を勝ち取ることができなかったかもしません。でも、私はあなたの声を聞いています。あたなの助けが必要です。そして私はあなたの大統領になりましょう。

And all those watching tonight from beyond our shores, from parliaments and palaces, to those who are huddled around radios in the forgotten corners of the world, our stories are singular, but our destiny is shared; and a new dawn of American leadership is at hand.
そして、遠く離れたところからこの様子を見ているみなさん、議会や宮殿にいるみなさん、忘れられた世界の片隅でラジオの周りに集まっているみなさん、私たちの物語は異なります。けれど私たちの運命は同じです。そして、新しいアメリカのリーダーシップは夜明けを迎えます。

To those who would tear the world down. We will defeat you.
この世界を引き裂き破壊しようとする者よ、私たちはあなたを打ち破るでしょう。

To those who seek peace and security. We support you. And to all those who have wondered if America's beacon still burns as bright, tonight we proved once more that the true strength of our nation comes not from the might of our arms or the scale of our wealth, but from the enduring power of our ideals: democracy, liberty, opportunity and unyielding hope.
平和と安全を求めるみなさん。私たちはあなたを支援します。そしてアメリカの灯がまだ明るく燃えているのかと疑っているみなさん、今夜私たちはもう一度証明しました。私たちの国家の真の強さは武器の力や富の大きさから来るものではない。民主主義、自由、機会、不屈の希望という永遠の理想の力から来るものだと。

That's the true genius of America; that America can change. Our Union can be perfected. What we've already achieved gives us hope for what we can and must achieve tomorrow.
このことこそ、アメリカの真髄です。アメリカは変われるのです。私たちの集合体がパーフェクトでいられるのです。私たちがすでに成し遂げたことを省みれば、これから私たちができること、達成しなければならないことに、できるんだと希望が持てます。

This election had many firsts and many stories that will be told for generations. But one that's on my mind tonight is about a woman who cast her ballot in Atlanta. She's a lot like the millions of others who stood in line to make their voice heard in this election, except for one thing: Ann Nixon Cooper is 106 years old.
今回の選挙には、何世代も語り継がれるようないろいろな「初めて」と、いろいろな「物語」がありました。しかし、今夜私の心によぎるのは、アトランタで投票した女性についてです。彼女は、何百万というたくさんの他の人たちと同じで、この選挙で自分の声を届けようと行列を作りました。ただ一つ違うのは、アン・ニクソン・クーパーさんが106歳だということです。

She was born just a generation past slavery. A time when there were no cars on the road or planes in the sky, when someone like her couldn't vote for two reasons: because she was a woman, and because of the color of her skin.
彼女はちょうど奴隷制が終わった頃に生まれました。その当時、道路を走る車もなければ、空には飛行機もありませんでした。そして、その時代彼女は二つ理由から投票ができませんでした。一つは彼女が女性だったから、そしてもう一つは彼女の肌の色です。

And tonight, I think about all that she's seen throughout her century in America. The heartache and the hope, the struggle and the progress. The times we were told that we can't, and the people who pressed on with that American creed: Yes, we can.
そして今夜、彼女を通して見た、彼女の一世紀のアメリカに思いをはせたいと思います。胸の痛みと望み、苦悩と前進。そんなとき、私たちは教え込まれてきました、私たちにはできないんだと。それでも人々はアメリカの信条に共に前進してきました。“Yes, we Can”そう、できるんだ。

At a time when women's voices were silenced and their hopes dismissed, she lived to see them stand up and speak out and reach for the ballot. Yes, we can.
ある時代、女性の声は押し殺され、望みは否定されていました。そんなか彼女は観ていました。女性が立ち上がり、声を上げ、そして選挙権を手に入れる姿を。“Yes, we can.”そう、できるんだ。

When there was despair in the dust bowl and depression across the land, she saw a nation conquer fear itself with a New Deal, new jobs, a new sense of common purpose. Yes, we can.
乾燥地帯に絶望が吹き荒れ、大恐慌が大陸を覆い尽くしたとき、国家がニューディール政策によって、新しい仕事、新しい共通の目的を手に入れ、恐怖を克服するのを、彼女は目の当たりにしました。“Yes, we can.”そう、できるんだ。

When the bombs fell on our harbor and tyranny threatened the world, she was there to witness a generation rise to greatness, and a democracy was saved. Yes, we can.
港に爆弾が降り注ぎ、独裁政権が世界を恫喝したとき、知恵のある世代が偉業のために立ち上がり、そして民主主義を救った、そこに彼女はいました。“Yes, we can”そうできるんだ。

She was there for the buses in Montgomery, the hoses in Birmingham, a bridge in Selma, and a preacher from Atlanta who told a people that "We Shall Overcome." Yes, we can.
モントゴメリーのバスの中に。バーミンガムのホース事件に、セルマ橋事件に、そしてアトランタから来た牧師が「私たちは克服する」と教えを説いた、その場に彼女はいました。“Yes, we can”そうできるんだ。

A man touched down on the moon. A wall came down in Berlin. A world was connected by our own science and imagination.
一人の男が月に降り立ちました。一つの壁がベルリンで崩壊しました。世界が科学と想像力によってつながれていきました。

And this year, in this election, she touched her finger to a screen, and cast her vote; because after 106 years in America, through the best of times and the darkest of hours, she knows how America can change.
そして今年、この選挙で、彼女は画面をタッチしました。そして投票したのです。アメリカで106年、最高の時代と暗黒の時間を生きた彼女は知っています。アメリカがどう変われるかを。“Yes, we can.”そうできるんだ。

America, we have come so far. We have seen so much. But there is so much more to do. So tonight, let us ask ourselves, if our children should live to see the next century, if my daughters should be so lucky to live as long as Ann Nixon Cooper, what change will they see? What progress will we have made?
アメリカよ、私たちはとても遠いところまでやって来ました。私たちはたくさんのことを見てきました。しかし、まだやらなければならないことがいっぱいです。だから今夜、みなさんが自分自身に問いかけてください。もし私たちの子供が次の世紀を見るまで生きるとしたら、もし私の娘たちが運よくアン・ニクソン・クーパーさんと同じくらい長生きをするしたら、どんな変化を目撃するでしょうか?どんな進歩をしているでしょうか?

This is our chance to answer that call. This is our moment.
この問いかけに、私たちが答えるチャンスです。この瞬間は私たちのものです。

This is our time, to put our people back to work and open doors of opportunity for our kids; to restore prosperity and promote the cause of peace; to reclaim the American dream and reaffirm that fundamental truth, that out of many, we are one; that while we breathe, we hope. And where we are met with cynicism and doubt and those who tell us that we can't, we will respond with that timeless creed that sums up the spirit of a people: Yes, we can.
今は私たちの時代です。人々が仕事に戻り、私たちの子供に機会という扉を開け、豊かさを取り戻し、平和を前進させ、アメリカンドリームを救い、そして基本的な真実を再確認する時です。その真実とは、たくさんの人たちがいるけれど、私たちは一つなのだと。私たちが息をする限り、私たちは希望を持つのだと。そしてどこかで出会う、空しさ、嘘、そして私たちにはできないという教えに対して、私たちは人々の魂を一つにする不朽の信条でこう答えましょう、“Yes, we can.”

Thank you. God bless you. And may God bless the United States of America.
ありがとう。神の祝福を。そして神がアメリカ合衆国を祝福下さいますように。


※本記事のリンクや一部引用は自由ですが、無断転載はお断りします。

2009年03月22日

今日買った本

リアルのゆくえ 東浩紀 大塚英志

オバマ現象のカラクリ 本田哲也 田中眞一

ジョブズVS.松下幸之助 竹内一正

日本の子どもと自尊心 佐藤淑子

論理的にプレゼンする技術 平林純

読むのが大変そう・・・。

よく、パブリックスピーキングを上達させられる本ってなんですかって聞かれるのですが、とても難しい質問です。

たぶん、速読をせずにゆっくり思考を深めることのできる本なら、何を読んでもばっちりだと思います。

この本の中だと、「論理的にプレゼンする技術」は、今まで一度もそういう本を読んだことの無い人にはお勧めですが、一冊でもそういった本を持っているなら、「日本の子どもと自尊心」の方が役に立ちます。なぜなら、自尊心なしに、パブリックスピーキングはできないからです。

自尊心を犠牲にしていては、絶対に良いパブリックスピーキングはできません。後ろ暗さがすこしでもあるとばれてしまうからです。

だから自尊心関係の本を読めば良いというわけでもなく、思考を深めることが大切です。