2010年04月26日

情報詐欺に注意

 年2千万円稼ぐ方法を教えます――インターネット上の広告で誘い、その情報料をクレジットカードや現金振り込みで支払わせる商法でトラブルが急増している。全国の消費生活相談窓口への相談数は2009年度は2月末現在718件で、前年同期に比べ2.5倍強だ。情報の内容は「肩すかし」も多く、返金に応じない例も目立つ。国民生活センターは安易に契約しないよう注意を呼びかけている。


from asahi.com

自信がないときに、わらをもつかむ気持ちでつかんでしまうのが、こういう情報だったりする。しかも、これにはカルト的な仕掛けがあって、仕掛けている側も、仕掛けられた側だったりするから、悪気が無い。だから、余計にたちが悪い。

実は、苫米地英人は、そういう人を釣って正常な位置に返す仕事をしているように見えるが、さてどうだろうか。
posted by Kagege at 16:24| Comment(0) | ニュース

2010年03月04日

林業は衰退産業という“ウソ”

林業は衰退産業という“ウソ”を読んだ。

要約すると林業が衰退したのは、適切な政策と効率化ができていないから競争力がないだけで、外材が安いからじゃないよって話。

Ke-jiの解説コメント欲しいなぁ(笑)
posted by Kagege at 19:27| Comment(2) | ニュース

2009年09月28日

最近のダム報道キャンペーンはなんなのか?

最近のニュースの論調、特に読売新聞のダムに対するアンチキャンペーンが目に余るが、次の参院選に向けて何かを準備しているのだろうか?

ハツ場ダムは治水利水両面で不要で、環境を破壊するためだけのダムなんだから、少々金がかかっても作るべきではない。作った方が金がかからないと、読売は社説で論じているが、それは意味があるダムの場合だ。治水利水両面で無意味なら、作っても仕方ない。後1000億以上の金を注ぎ込んでも完成するかどうかわからないダム工事より、地元住民に100億ほど現金で保証した方がよほどよいのではないか。それでも900億節約できる。

少しましなテレビ報道があったので、リンク。

脱ダムについての報道
posted by Kagege at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2009年04月06日

ミサイル騒動で露呈したこと

ミサイル騒動で一番得をしたのは麻生総理かな?危機を共有すること、それだけでも意味がある。

恥ずかしながら、防衛について僕は真剣に考えたことがない。せいぜいネット含むメディアを追いかけるくらいだろうか?だから、全然知らなかったのだけど、MD(ミサイル防衛システム)が、ほとんど国内防衛にとって意味のないモノだということを、今回思い知らされた。

僕が浅はかなだけだけど、僕のMDのイメージは、日本国中に打ち込まれる数十発の弾道ミサイルを同時に迎撃可能なシステムだという思い込みがあった。というか、みんなそう思ってたんじゃないだろうか?

ところがだ、おおよそいつ発射されるか検討のついている一発のテポドンを撃ち落とすために、あたりまえなのだが、いちいちPAC3を自動車で運んで、イージス艦を所定の海域に配備する必要があった。しかも、田母上元空幕長がおっしゃるには、3・4発はほぼ撃ち落とせるが、その程度とのことだ。

それじゃあ、いつ発射されるかわからない北朝鮮の日本に照準を定めている300発のノドンに対しては、ほぼ無力だし、中国やソ連が照準を定めているもっとたくさんの核弾頭搭載可能なミサイルや潜水艦からのミサイル攻撃に対してもっと無力だろう。

じゃあ、なんのためのMDなのかというと、たぶんアメリカに飛んで行くかもしれない数発の長距離弾道ミサイル迎撃用なのだ。

1000億以上、いやおそらくもっと莫大な金をかけて、アメリカの防衛をしていただけだったなんて。いや、それはそれで同盟国として意味があるのかもしれないけれど、それにしても・・・と思ってしまう。

本当に防衛のために必要なことがなんなのか、まっすぐな議論をしてもらいたいと思う。
posted by Kagege at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2009年04月03日

財政出動の重要性

ドイツが、財政出動に消極的なのを、麻生首相が批判したニュースがFT.ukで流れたけど、これは久しぶりに評価したい。だって変動相場制においては、財政出動した方がグローバル経済では損をして、待ちの姿勢が得をするからだ。はっきりいって反則。

米国のせいとはいえ、やるんだったら国際的な協調を守ってやらないと、やってる方がバカみたいだ。もっとストレートに、他国の金に頼ろうとする姿勢を批判してもいいくらいだ。米国は自分が戦犯なので批判できないから、こんなときこそ日本の立場は重要なのかもしれない。
posted by Kagege at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2009年03月31日

小沢秘書逮捕について

ぼくが、この事件で一番信頼のおける情報を発信していると思っているのが、郷原 信郎 桐蔭横浜大学法科大学院教授です。

彼は、小沢氏が逮捕後、最初の記者会見で「国策捜査はあり得ない」と言って、痛烈に小沢代表を批判したことで知られています。

その後の彼の見解は、理解に苦しむこの時期の小沢氏秘書の逮捕という内容でした。

あの事件が3月3日ですから、一か月が経とうとしています。起訴理由も虚偽記載のみ。その後、もうひと山なければ、あれはなんだったのかと。

回復しえないダメージを負っている両党首、決断のタイミングが勝敗をわけるだろうな。
posted by Kagege at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2009年03月04日

国家権力って

逮捕の時間まで指定できるの?

前日に、補正予算が否決されるのを確認してからの逮捕劇。今日の衆議院での再可決に対する党内の締め付けなんだろうか?別に明日でも明後日でも問題ないのに、今日を山場と見て・・・。

恐ろしいな。

南アフリカ程度の国家でも、黒人政権になって以後、一部の人間にとって計り知れないほどの甘い生活が約束された。それがGDP2位の日本だとどうなのだろう?それほど、下野するというのは、厭なのか。

悪いことは悪いこととして、政権交代の意味を改めて噛みしめた。
posted by Kagege at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2009年02月18日

あ、ゼロゼロ物件は釣りか

ゼロゼロ物件規制して得するのは、既存の不動産屋。
規制すべきは、過剰な取り立ての方だよね。
都がやってる物件は全部ゼロゼロ。
一緒にしない方がいいな。
posted by Kagege at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2009年02月17日

ゼロゼロ物件規制へ

というニュースを読んで、ちょっと驚いた。

何に驚いたって、前の賃貸も保証人をつける代わりに保証会社に頼む形だったからだ。

敷礼をはらっていても、うっかり家賃滞納したら、ひょっとすると同じような追い出しにあっていたかもしれない。

いや、ほんとに不動産屋を選ぶときは慎重にならないと。勉強不足でした。

ちなみに今の不動産屋はとても親切で公明正大です。同じ業界でもこんなに違うものなのかと驚愕する。できるだけ、次もこの不動産屋に頼みたい。
posted by Kagege at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース

2008年12月23日

なぜゼロ金利にしないのか

日銀が利下げに踏み切って0.1%だけ金利を残すという行為がすごくせこいなと思っていたのだけど、どうやらこれは手数料分の利息ということで、実質ゼロ金利と同じなのだという。ゼロよりもこっちの方が、銀行の短期市場でお金が回るのだと。なるほど。白川総裁、バカにしててごめんなさい。

トヨタが赤字に転落し、日本中に衝撃が走った。このニュースを見て、ガチャマン景気に沸いていた戦後日本の繊維業界を思い浮かべた。一回繊維をがちゃんと織れば、1万円もうかるという時代だった。しかし、日本での繊維業は凋落した。残るのはハイテク繊維だけになった。自動車業界もこれから20年かけて衰退していくかもしれない。

これからは新興国向けのビジネスが中心になるが、その自動車は全部現地工場と現地法人で作る時代がくるだろう。利益率の低い重工業は、必然的にそうなる。

では先進国はどうするかというと、今のところバイオがめぼしい。これで10年は走れるだろう。景気も金融政策が効いてきて、1年後には持ち直しているはずだ。しかし、その先はやはり不透明だ。

前にも書いたが、こんなときこそ原点に帰って「人間が豊かに暮らすには何が必要か」を考えるしかない。金のことだけを考えて生きていける時代は終わった。それしか道はない。
posted by Kagege at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース

2008年12月22日

英語だけの授業導入

高校で、英語だけの授業を導入することが提案されているらしい。それ自体は、英語を身につけるためにいいことだ。しかし、無駄だろう。なぜなら、受験に役立たないからだ。

もし、使える英語を身につけることを求めるなら、授業を改革するのではなくて、入試を改革すれば良い。実に簡単なことだ。東大に行きたければ、速読、小論、対話、パブリックスピーキングの技術を勉強しなければならないように、受験問題を工夫すれば良い。採点に手間はかかるかもしれないが、エリートを生み出すためならそれくらいの費用はなんてことないだろう。

授業をテコ入れするのは後で、大学の入試改革が先。
posted by Kagege at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2008年11月15日

想像を絶していた環境問題の嘘

ミランカでやっている「博士の知らないニッポンのウラ」という動画があるのだけど、今回の話しは衝撃過ぎて言葉を失った。

ぜひ、39回分を見てほしい。登録が必要だけど、見る価値あるから。あ、前回の38回の年金の話しも面白いです。

今回は、「地球は寒冷化している」という内容で、東京工業大学大学院教授が語ってました。

実は、もう環境問題はどれだけ勉強してもわからんので、正直お手上げで食傷気味だったんですが、そんな甘いもんじゃないことを心底痛感させられました。

当然教授の「寒冷化する」という意見は、すさまじい説得力があったのだけど、それだけならまあ、無駄なコスト掛けるけど政治が無能だから仕方ないよね。というあきらめの気持ちも働くんだけど

「アメリカとEUが結託して、日本つぶしを画策している」という説に、心を動かされ、

地球は、2010年をピークに人口が限界まで増えて、その後は崩壊まっしぐらであること。これからは食糧問題が本当の本当に深刻化すること、

を指摘され、ああこれからの30年はやっぱり命がけの行動を起こさないとどうしようもないんだな、と痛感した。

何はともあれ、一度視聴してみてください。頭の中ひっくり返りますから。
posted by Kagege at 05:06| Comment(5) | TrackBack(0) | ニュース

2008年11月13日

定額給付金って名前は反則だよな

「定額減税」なんで、もともとぼくらのお金だったものが返ってくるだけなんだけど、「定額給付金」って言われると施されてるみたいでカチンと来るのはぼくだけかな?

「定額減税」での還付金となぜ言わないんだろう???
posted by Kagege at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース

2008年08月02日

竹島は韓国に譲れを読んで

竹島(独島)は韓国に譲れ/BOSS

竹島の領有権はやるから、漁業権などの権利は共同で行こうという話。

ずいぶん反響があったようですが、実は政治的には領有権を棚上げにしながら、今でも漁業権などは共同で行いましょうという条約があって、日韓暫定水域というのが決まっています。だから、BOSS(記者)の主張は、すでにそうだよというだけです。

問題なのは、ルールがあるのに現地での妨害がひどくとても共同で行えるような状況にないことです。ルールを守らせることさえ出来れば、本当は深刻な問題ではありません。ルールが守られていないことが問題なのです。

意外に知られていないことのようなので、一応コメントをと。
posted by Kagege at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2008年07月29日

ジンバブエ経済崩壊の理由と日本経済

ジンバブエの経済が崩壊して、インフレで紙幣が紙くずになっているみたい。原因を調べてたら、この書き込みに辿り着いた。無知っておそろしいね。

ジンバブエと比較するのはちょっとあれだけど、日本もこれから大変だ。物価上昇と不況がセットでやってくるスタグフレーションに突入するのは間違いない。そのうえ消費税、所得税についても確実に上がる。だって、老人増えるからね。無駄ゼロにしても税金はあがる。

となると、現金の価値は自動的に下がる。最低でも15%は10年以内に目減りするだろう。300万の貯金があれば、250万位になる。もっとかもしれない。そうなると、給与の安い若手サラリーマンは死ぬ。しかも、苦しみに耐えていればいつかは給料が上がった時代とは違って、永遠に苦しみが続くかもしれない。そのうえ、年金も出ない。

国際的なコングロマリッドはまだいいだろうけど、そうでない新聞社なんかはリストラの嵐だろうね。経済が縮小する分、当然ポストは減る。そうなると我慢と努力では出世は望めないよ。それどころか首。どうやって自分の身を守るか、よく考える必要がありそう。

・・・うーん、かなり悲観的な文章になったけど、別にそんなに悲観してるわけでもないよ。前にも書いたけど、不況はチャンス。


以下、引用。

「ジンバブエの簡単な解説」

今までずっと少数派の白人が政治の実権を握っていたが、民主的な選挙で、黒人政治家が増える

とうとう初の黒人大統領が誕生

何を思ったか「植民地時代に強奪された白人の土地資産を黒人へと無償かつ強制的に権限を委譲しなさい」法案を提出

大半の白人が安値で土地資産を売り払って外国へ。

今度は外資系企業に対して「保有株式の過半数を譲渡するように、逆らったら逮捕」法案を提出

外資系企業が国外逃亡する

別に国連もアメリカも、どこの国も経済制裁してないのに、経済制裁と同じ状態に陥る

何もかもの物資が国内で不足するので、
「市場に出回っている物資が不足するなら、物資を持つ物は絶対に市場に売らないといけない」法案を提出

物資の強制売却で、さらに物資不足が深刻化。当然需要と供給バランスが崩れて高値になる。

物資が高値に成り過ぎて買えない人が続出

「物資を絶対に安値で売らないといけない」法案を提出

調達コストよりも遥かに安値で売らないといけなくなったので、当然のごとく利益が出ないから国内企業が次々と倒産する

安定していた経済が、脅威の失業率 & ハイパーインフレ になるのを一年も経たずして達成。おめでとう。

失業者があらゆる物資を強奪し、社会不安が増大、交通機関や警察機関も機能しなくなる。政治も収拾がつかず無茶苦茶に。
posted by Kagege at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2008年06月30日

新国立劇場の次期芸術監督決定

オペラは指揮者で札幌交響楽団音楽監督の尾高忠明氏(60)。演劇は劇団青年座の演出家、宮田慶子氏(50)。

from Yomiuri Online


オペラは素人なのでどういう人か存じ上げないのですが、演劇の宮田先生とは面識があります。だから、「就任おめでとうございます」と書きたかったのは良いとして、もっと驚いたことがあります。

まだ、50歳だったのですね!

あまりの迫力にもう少し上かと思っておりました。失礼しました。ごめんなさい。

今日の年齢関係エントリーということで。
posted by Kagege at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2008年05月28日

野口英世賞はちょっと・・・

今日、野口英世アフリカ賞の授賞式があった。小泉首相のときにはじめられた、ノーベル賞に比肩する賞をということで始まったらしいのだけど、だったら野口英世はまずい。

彼の業績は日本では高く評価されすぎている。

>急性灰白髄炎(小児麻痺)病原体、狂犬病病原体、黄熱病病原体等の発見特定の業績に関しては、その後ウイルスが病原体であることが判明していることから否定されており、発表された200余の論文に関して、現代において微生物学の分野で評価できるものは限られる。
from wikipedia

という事情から、海外の研究者で彼を知っている人はまずいない。だから、世界的な賞にするのであれば、彼はよろしくないのだ。他の誰か適当な人がいたのではないかと、悔やむのは僕だけだろうか?
posted by Kagege at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2008年05月19日

読売さん、そろそろダイオキシンは無毒だと・・・

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080518-OYT1T00513.htm

 散布されたのは、猛毒のダイオキシンを含み、

とあるけれど、そろそろダイオキシンが無毒なのは周知されつつあるので恥ずかしいと思うなあ。

それと、環境省がまだダイオキシン濃度の測定に予算をつけてる状況も気になるよ。測定止めればいいのに、利権てすごいね。

>約3億円の予算を計上したところですが、これに加えまして、今月成立しました補正予算におきまして44億円余を追加

from 環境省HP

こんな感じで、記事を書き続けてブログランキング上位にいた頃が懐かしいなあ。思い出して書いてみるのも悪くないな。
posted by Kagege at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年01月25日

トリインフルエンザの感染力とその経路

昨今、トリインフルエンザが紙面でにぎわしいけれど、いったいどういう経路で感染が拡大しているのだろう?

少し調べてみたけれど、どうも決め手がなくよくわかっていないようです。

これってすごい脅威じゃないかと思うんです。だって、人間の行動範囲から比べれば、ほとんど隔離に近い状況で飼育されているニワトリが、地域ごとに全滅するんですよ。しかも、地域を越えて全国に飛び火するわけです。一体全体どれだけの感染力なのかってことですよ。

もし、トリインフルエンザが人人感染を起こすようになれば、本当に国が滅亡しかねないんじゃないでしょうか・・・。恐ろしい限りです。

個人としてこの問題に対処できることはほとんどないので、できる限り国の対応をはっきりしておいて欲しいですね。人人感染が確認された直後は、新幹線と空路を停止するとか?でないと大変なことになるのでは?と、一人勝手に心配になっています。
posted by Kagege at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2006年10月30日

ニートと若年失業率

 海外でも、ニートの増加が大きな社会問題となっている模様だ。

 ILOによると、世界の若年失業率は13・5%、実数で約8500万人に達する過去最悪の水準だ。
from YOMIURI


この記事のタイトルは、
“先進国の「ニート率」13%…ILO調査”

ニートと若年者失業率が一緒になってるのかな??

働きたくても仕事がなくて働けない人と、仕事があるのに働かない人を一緒にするのはどうだろう??ニートの定義は、働いてなくて教育を受けてない人なんだろうけど・・・。でも・・・。

旧ユーゴスラビアは、日本語の語感にあるニートのニュアンスで働いていないというより、確実に失業の状況だと思うんです。

ニート問題と、若年者失業率の問題は似て非なるものなので、こういう書き方はよくないなと思いました。
posted by Kagege at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース